SWEBOK

用語の解説

SWEBOKとは

(スウェボック,ソフトウェアエンジニアリング基礎知識体系,ソフトウェアエンジニアリング知識体系,)
SWEBOKとは、米国電気電子技術者協会(IEEE)および米国計算機学会(ACM)によってまとめられた、ソフトウェア工学(ソフトウェアエンジニアリング)に関する知識の分類体系である。
SWEBOKにおける知識体系は、「SWEBOKガイド」としてまとめられている。 ソフトウェア工学の知識体系が10の領域(知識エリア)、および各領域における下位区分として整理されており、ソフトウェアエンジニアリングの知識の全体像を把握し、効率的に学習するための手引きして利用されている。 なお、SWEBOKガイドは、公式ホームページでも公開されている。

用語解説出典   powered by. Weblio

PRSpecial

CNET Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]