SWOT分析

用語の解説

SWOT分析とは

(スウォットブンセキ,SWOT Analysis,)
SWOT分析とは、主に企業や団体などで用いられる事業の分析手法のうち、強み(Strengths)、弱み(Weaknesses)、機会(Opportunities)、脅威(Threats)の4つのポイントを明確化することで、多角的な分析を図ろうとする分析法のことである。
SWOT分析は、古くから米国のハーバードビジネススクールで採用されている分析手法で、同大学のケネス・R・ アンドルーズらが中心となって提唱した。 SWOT分析は、外部環境に存在しうるビジネス機会や脅威などを考慮に入れながら、その中で自分たちの組織内部の強みをどのように生かし、弱みをどのように克服すればよいかを評価・分析し、新たな戦略の立案へと繋げるために有用とされる。 事業戦略の立案などの際にはよく用いられている。

用語解説出典   powered by. Weblio

PRSpecial

CNET Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]