SYNスキャン

用語の解説

SYNスキャンとは

(SYNスキャン)

 サーバにログを残さずにポートスキャンを行なう「ステルススキャン」の手法の一つ。

 実際に接続を試みることによりサーバのポートが開いているかどうかを調べることをポートスキャンというが、普通に接続を試みるとサーバ側にはログが残るため、ポートスキャンを行なっていることが明らかになってしまう。 これを回避するため、接続手順の最後にキャンセルを意味するパケットを送ることにより手順を中断させ、ログに記録を残させないのがSYNスキャンである。

 TCPでは、まずクライアントがサーバに「SYNパケット」を送り、サーバがクライアントに「ACKパケット」を返信し、最後にクライアントがサーバにACKパケットを送ることで接続が確立するが、SYNスキャンでは最後にクライアントから「RSTパケット」(リセット)を送信することにより、接続を中断する。 このような用途にRSTを使うのは本来の趣旨に反するため、行なってはならない。

用語解説出典   powered by. IT用語辞典 e-Words

PRSpecial

CNET Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]