ScrollLockキー

用語の解説

ScrollLockキーとは

(ScrollLockキー)

 キーボード上にある「ScrollLock」と刻印されたキー。

CapsLockキーやNumLockキーと同様に、押すたびにオン・オフが切り替わる。 元々は3270端末でカーソルを移動させないようにするキーだったが、パソコンでは本来の用途で使用することはほとんどない。 そのため、ScrollLockキーに別のショートカット機能を割り当てて使用することがある。 その一例がExcelで、ScrollLockがオンになった状態でカーソルキーを押すと、選択したセルはそのままでワークシート全体が移動する。

用語解説出典   powered by. IT用語辞典 e-Words

PRSpecial

CNET Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]