編集部からのお知らせ
Pick up! ローコード開発の行方
「これからの企業IT」の記事はこちら

Seeker

用語の解説

Seekerとは

(シーカー)
Seekerとは、symantec社のコンピュータ・ウィルス研究所(SARC)によって開発された、自動ウィルス検知システムの名称である。
あるいは、そのシステムを運用しているボランティアプロジェクトのことである。 Seekerはインターネット網全体に対して常にスキャニングを行っており、新しいコンピュータウイルスを自動的に発見し、ウィルスが感染活動を始める前にそのコンピュータウイルスを定義し、対抗するワクチンソフト生成する。 Seekerは「Seeker」「Bloodhound」「SARA」の3つのモジュールを統合してSeekerプロジェクトと呼ばれている。 その中でもSeekerはインターネット上を巡回監視して疑わしいファイルを収集する役割を担っている。 また、「Bloodhound」はウィルスと疑われるファイルを仮想メモリ上で実行して検証する機能を持ち、「SARA」はSeekerとBloodhoundが捕えたウィルスに対応するワクチンソフトの作成とテストを行う役割を持っている。

用語解説出典   powered by. Weblio

Special PR

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    社員の生産性を約2倍まで向上、注目の企業事例から学ぶDX成功のポイント

  2. コミュニケーション

    真の顧客理解でCX向上を実現、いまさら聞けない「データドリブンマーケティング」入門

  3. クラウドコンピューティング

    家庭向けIoT製品の普及とともに拡大するセキュリティとプライバシー問題─解決策を知ろう

  4. クラウドコンピューティング

    クラウドの障害対策を徹底解説!4つの方法とメリット、デメリット

  5. セキュリティ

    サイバー犯罪の標的となるMicrosoft製品、2019年に悪用された脆弱性リストからの考察

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]