Sender ID

用語の解説

Sender IDとは

(SenderID)

 メールの送信元アドレスの偽装を防止する技術の標準仕様。

普及すれば、無差別に大量に送られる広告メール(SPAMメール)の抑止につながるとして期待されている。 現在、IETFが標準化に向けた作業を進めている。

 Microsoft社の「Caller ID for E-Mail」技術と、Pobox.com社の創設者Meng Wong氏の「SPF」(Sender Policy Framework)を統合した技術で、あるドメインのメールを送信することができる正規のサーバのIPアドレスをリストして管理する。 そのドメインと無関係なメールサーバを利用して送信元を偽ったメールを送信しようとすると、受信側でそのことを検出して自動的に受け取りを拒否することができる。 これにより、SPAM業者が大手プロバイダなどのポピュラーなドメイン名を含むメールアドレスを利用することを防ぐことができるようになる。

 ただし、SPAM業者が自前ドメインのメールを送信することは防げず、受け取りを拒否するドメインのブラックリストを用意するなど、別の対策を講じなければならない。 また、多くの企業やプロバイダが参加しなければ効果が上がらないが、Microsoft社が自社部分の技術に厳しいライセンス条件を課しており、標準として普及するかどうかは今のところ未知数。

用語解説出典   powered by. IT用語辞典 e-Words

PRSpecial

CNET Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]