Serial ATA

用語の解説

Serial ATAとは

(SerialATA)

 パソコンとハードディスクなどの記憶装置を接続するIDE(ATA)規格の拡張仕様の一つ。

 従来のATA仕様の後継仕様で、2000年11月に業界団体「Serial ATA Working Group」によって仕様の策定が行なわれた。

 同グループにはコンピュータメーカーや記憶装置メーカーの大手が参加しており、中心メンバーは、Intel社、APT Technologies社、Dell Computer社、IBM社、Maxtor社、Quantum社、Seagate Technology社の7社。

 Serial ATAは、Ultra ATAなどの現在のATA仕様で採用されていたパラレル転送方式を、シリアル転送方式に変更したもの。 これにより、シンプルなケーブルで高速な転送速度を実現することができる。 従来のパラレル方式のATA諸規格との互換性も持っている。

 さらに、従来はドライブごとに必要だったジャンパピンなどの設定も不要になり、ハードディスクなどを「接続すればすぐ使える」ようになるとされている。

 従来のパラレル方式のATA仕様で転送速度が最も高速なのはUltra ATA/133の133MB/sで、パラレル方式ではこれ以上の高速化は難しいとされる。

 Serial ATAの最初の規格「Ultra SATA/1500」は1.5Gbps(約190MB/s)と、従来の約1.4倍の速度を実現する。 Serial ATA仕様は今後も拡張を続け、2004年にはその倍の3Gbps(380MB/s)、2007年には6Gbps(750MB/s)に引き上げられる予定。

用語解説出典   powered by. IT用語辞典 e-Words

PRSpecial

CNET Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]