Server Core

用語の解説

Server Coreとは

(サーバーコア,Server Coreインストール,Server Coreインストールオプション,)
Server Coreとは、Windows Server 2008で用意されたインストールオプションで、ネットワーク関連の必要最小限の環境のみをインストールする機能のことである。
Server Coreは、Windows Server 2008がサーバーとして機能するために必要な機能だけをインストールし、その他のあらゆる要素を省くことができるインストールオプションである。 アクティブディレクトリやDNS、DHCPといったネットワーク関連機能は装備されるが、.NET FrameworkやWindows Explorer(シェル)、Internet Explorerなどはインストールされない。 グラフィカルユーザーインターフェース(GUI)は用いず、基本的にコマンドライン入力によって操作・管理が行われる。 Server Coreを利用すれば、GUIのグラフィカルな表示やその他アプリケーションなどにリソースを割くことなく、サーバーとしての機能に処理を集中させることができる。 機能が限られているため、運用やメンテナンスは比較的簡素となり、また、ネットワーク上の攻撃を受ける危険性も減少するとされる。 インストールに必要なディスク容量が少なくてよいという利点もある。 Server Coreは、UNIX系OSのサーバーのようにコマンドライン入力でネットワーク管理を行う管理者向けの機能として提供されている。

用語解説出典   powered by. Weblio

PRSpecial

CNET Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]