編集部からのお知らせ
Pick up! ローコード開発の行方
「これからの企業IT」の記事はこちら

Session Bean

用語の解説

Session Beanとは

(SessionBean)

 Enterprise JavaBeans(EJB)で規定されているBeanのひとつ。

セッション単位での処理を行なう機能を持つ。 Session Beanに記録したデータはBean自身が保持するため、セッションが失われ、Session Beanが破棄されるとデータも同時に破棄される。 また、内部的にも外部的にもデータの保持を行わないSession Bean(Stateless Session Bean)も存在し、これは単発のメソッドで処理が完了するような単純な処理を行なうBeanとして使用される。 内部的にデータを保持できるSession BeanはStateful Session Beanと呼ばれる。 また、Session Beanに対し、外部データベースへのインターフェースという形で機能し、Bean自身が破棄されてもデータが保持されるタイプのBeanはEntity Beanと呼ばれる。

用語解説出典   powered by. IT用語辞典 e-Words

Special PR

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    社員の生産性を約2倍まで向上、注目の企業事例から学ぶDX成功のポイント

  2. コミュニケーション

    真の顧客理解でCX向上を実現、いまさら聞けない「データドリブンマーケティング」入門

  3. クラウドコンピューティング

    家庭向けIoT製品の普及とともに拡大するセキュリティとプライバシー問題─解決策を知ろう

  4. クラウドコンピューティング

    クラウドの障害対策を徹底解説!4つの方法とメリット、デメリット

  5. セキュリティ

    サイバー犯罪の標的となるMicrosoft製品、2019年に悪用された脆弱性リストからの考察

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]