SharePoint

用語の解説

SharePointとは

(シェアポイント,Micosoft SharePoint,)
SharePointとは、Microsoftが提供している、プロジェクトの管理やドキュメントの共有などを行うためのアプリケーションソフト群の総称である。
2007年8月現在では、最新の製品として「Microsoft Office SharePoint Server 2007」を指すことが比較的多い。 SharePointを利用することで、ブラウザを通じて閲覧や操作ができる企業内ポータルを構築し、ビジネスプロセスの効率化を促す様々な機能を利用することができる。 SharePointシリーズの製品には「Microsoft Office SharePoint Server」や「Microsoft Windows SharePoint Services」、「SharePoint Designer」などがある。 「Microsoft Office SharePoint Server」は、ドキュメントの共有管理やエンタープライズ検索、コンテンツ管理などを一手に行うことができる統合ソフトウェアである。 「Microsoft Windows SharePoint Services」は、ドキュメントやワークフローを共有することができる(コラボレーションツール)。 「Microsoft Windows SharePoint Services 3.0の拡張版として、共同作業の利便性を向上させた「GroupBoard Workspace」が提供されている。 「SharePoint Designer」は、SharePointで利用するためのWebアプリケーションを構築することができる。 なお、SharePointの各アプリケーションは、Microsoftのホームページから試用版が無償でダウンロードできる。

用語解説出典   powered by. Weblio

PRSpecial

CNET Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]