編集部からのお知らせ
(記事集)ニューノーマルで伸びる業界
「ニューノーマルとIT」新着記事一覧

Sobig

用語の解説

Sobigとは

(Sobig)

 2003年1月に発見された、Windowsに感染するワームの一種。

電子メールを介して自身の複製をばら撒き、感染を拡大した。

 Sobigが送信するメールには「Re: Movies」「Re: Sample」「Re: Document」などのタイトルがついており、「Movie_0074.mpeg.pif」「Document003.pif」「Untitled1.pif」「Sample.pif」などのファイル名の添付ファイルが付いてくる。 添付ファイルを不用意に開くと感染し、感染したマシンのハードディスクから「.txt」「.eml」「.html」「.htm」「.dbx」「.wab」のいずれかの拡張子のファイルを探し出し、その中に含まれるメールアドレスに自身の複製を送りつける。 送信アドレスを偽装するため、感染者とは関係ないアドレスからSobigの複製が送られてくることになる。

 オリジナルのSobigワームよりも深刻な被害をもたらしたのは、亜種の一つである「Sobig.F」である。 2003年8月中旬に登場し、多数の企業ネットワークを麻痺状態に陥らせるほど爆発的に感染を広げ、大きな被害をもたらした。 こちらは件名が「Re: Approved」「Re: Your application」「Thank you!」「Your details」などとなっており、本文には「See the attached file for details.」(詳しくは添付ファイルをご覧ください)と書いてる。 添付ファイルをクリックすると感染し、ハードディスク内のファイルから抜き出したアドレスに複製を送信する。

 Sobigワームのいくつかの亜種には感染したコンピュータを「オープンリレー」(誰でも送信可能)状態のSMTPサーバに仕立てる機能をもっており、SPAM配信業者が「踏み台」に使うメールサーバを確保するためにSobigワームを作成・配布したのではないかとの疑惑が持ち上がった。

用語解説出典   powered by. IT用語辞典 e-Words

Special PR

CNET Japan

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 運用管理

    ファイルサーバ管理のコツはここにあり!「無法状態」から脱出するプロセスを徹底解説

  2. クラウドコンピューティング

    社員の生産性を約2倍まで向上、注目の企業事例から学ぶDX成功のポイント

  3. コミュニケーション

    真の顧客理解でCX向上を実現、いまさら聞けない「データドリブンマーケティング」入門

  4. ビジネスアプリケーション

    デメリットも把握しなければテレワークは失敗に?─LIXIL等に学ぶ導入ステップや運用のコツ

  5. 運用管理

    ニューノーマルな働き方を支えるセキュリティ-曖昧になる境界に変わらなくてはならないデータセンター運用

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]