Socket F

用語の解説

Socket Fとは

(ソケットエフ)
Socket Fとは、AMD社のCPUシリーズ「Opteron」に採用されるCPUソケットのことである。
2006年8月に発表された。 Socket Fは1207本のピンを備えており、Opteronを搭載したサーバーでの利用が想定されている。 フロンドサイドバス(FSB)は200MHzのクロック周波数に対応している。 Socket Fは、Athlon 64やAthlon 64 X2などのCPUソケットとして採用されているSocket AM2と同世代のCPUソケットに位置づけられている。

用語解説出典   powered by. Weblio

PRSpecial

CNET Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]