Socket370

用語の解説

Socket370とは

(Socket370)

 CPUをパソコンのマザーボードに取りつけるための部品(ソケット)の規格の一つ。

370本のピンからなり、ZIF機構により簡単にCPUの着脱が行えるようになっている。 Intel社のPPGA/FC-PGA/FC-PGA2版Pentium III/Celeronプロセッサ用のソケットだが、マザーボードによってどの規格に対応しているかは異なるため、Socket370プロセッサを物理的にSocket370マザーボードに装着できても必ず動作するとは限らない。

用語解説出典   powered by. IT用語辞典 e-Words

PRSpecial

CNET Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]