Socket478

用語の解説

Socket478とは

(Socket478)

 CPUをパソコンのマザーボードに取りつけるための部品(ソケット)の規格の一つ。

「mPGA478」という別名がある。

 478本のピンを持つmPGAパッケージのPentium 4およびCeleronを装着するためのソケットで、初期のPentium 4に使われていたSocket423の後継となる仕様。 ピン穴の欠けている位置によって「mPGA478A」「mPGA478B」「mPGA478C」の3種類がある。 最近の他のソケットと同じようにZIF機構を採用し、CPUの着脱が容易になっている。

用語解説出典   powered by. IT用語辞典 e-Words

PRSpecial

CNET Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]