Socket7

用語の解説

Socket7とは

(Socket7)

 CPUをパソコンのマザーボードに取りつけるための部品(ソケット)の規格の一つ。

321本のピンからなり、ZIF機構により簡単にCPUの着脱が行えるようになっている。 Intel社のPentiumやMMX Pentiumに採用されているソケット形状である。 Pentium II以降のIntel社のマイクロプロセッサはスロット型の部品(Slot1)によってマザーボードに取り付けるようになり、Socket7は使われなくなった(もっともその後ソケット型に戻っている)が、スロット型の電気信号は特許で保護されているため、AMD社は物理形状が共通で電気信号が独自の形式を使用するようになり、CPU取り付け部品の規格が分裂することになった。

用語解説出典   powered by. IT用語辞典 e-Words

PRSpecial

CNET Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]