SoftEther

用語の解説

SoftEtherとは

(ソフトイーサ,PacketiX VPN,)
SoftEtherとは、既存のファイヤーウォールの設定変更を行わず、コンピュータ間、あるいはネットワーク間で、VPN(仮想プライベートネットワーク)によるネットワーク接続を実現するソフトウェアのことである。
SoftEtherはIPA(情報処理振興事業協会)主催の2003年度未踏ソフトウェア創造事業(未踏ユース部門)で採択された開発プロジェクトであり、未踏ソフトウェア事業の支援を受け、当時、筑波大学1年だった登大遊によって開発された。 2003年12月にフリーソフトウェアとして発表され、後にPacketiX VPN 2.0の名称で商用版も発売された。 SoftEtherは、EthernetのLANカードとスイッチングハブをソフトウェア的にエミュレートし仮想化、暗号化通信を行う。 そのため物理的にカスケード接続された場合と同様に単一セグメントのLANとみなされる。 ファイヤーウォールやネットワークアドレス変換(NAT)を経由しても自由に通信できる。

用語解説出典   powered by. Weblio

PRSpecial

CNET Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]