StrongARM

用語の解説

StrongARMとは

(ストロングアーム)
StrongARMとは、ARMとDECが共同で開発したマイクロプロセッサのことである。
PDAのような携帯機器に多く採用されている。 StrongARMは、DECが開発した高速動作のAlphaプロセッサの技術と、ARMアーキテクチャを融合させて、少ない消費電力のプロセッサを目指して開発された。 ARMのプロセッサとしては初めてハーバードアーキテクチャを採用したことでも知られる。 StrongARMは、CompaqのiPAQ Pocket PCなど搭載された。 なお、StrongARMの開発部門は、Intelに買収され、その後継としてXScaleプロセッサのPXA250の原形となった。

用語解説出典   powered by. Weblio

PRSpecial

CNET Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]