Sun Fire T1000

用語の解説

Sun Fire T1000とは

(サン ファイア ティーセン,T1000,)
Sun Fire T1000とは、Sun Microsystemsが開発したサーバー機の名称である。
Sun Fire T1000は、Webおよびネットワーク用インフラ向けの製品で、CPUはマルチコアプロセッサ「UltraSPARC T1」(開発コード名はNiagara)をベースとしている。 UltraSPARC T1は、演算コアを8個内蔵した上、「CoolThreads」と呼ばれるマルチスレッド化技術によって1コアで4個のスレッドを実行することができるため、プロセッサ全体としては合計32個のスレッドを同時に処理することが可能となる。 動作周波数は9.6GHzに相当する。 また、Sun Fire T1000は低消費電力や冷却力、省スペース性にも優れており、従来の一般的なサーバー機を導入した場合に比べても、いずれの点においてもSun Fire T1000のほうがコスト低減能力が高いとされる。 なお、こういった特性を性能指標として表すものとして、Sun社は「SWaP」(Space, Wattage and Performance)と呼ばれる新たな基準の導入を提唱している。 Sun Fire T1000は、2005年12月6日に、同じくサーバーマシンであるSun Fire T2000とともに発表された。 出荷は2006年3月に開始される見通しとなっている。

用語解説出典   powered by. Weblio

PRSpecial

CNET Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]