編集部からのお知らせ
記事まとめ「サードパーティークッキー問題」公開
記事まとめ読み:GIGAスクール

Sun Fire T1000

用語の解説

Sun Fire T1000とは

(サン ファイア ティーセン,T1000,)
Sun Fire T1000とは、Sun Microsystemsが開発したサーバー機の名称である。
Sun Fire T1000は、Webおよびネットワーク用インフラ向けの製品で、CPUはマルチコアプロセッサ「UltraSPARC T1」(開発コード名はNiagara)をベースとしている。 UltraSPARC T1は、演算コアを8個内蔵した上、「CoolThreads」と呼ばれるマルチスレッド化技術によって1コアで4個のスレッドを実行することができるため、プロセッサ全体としては合計32個のスレッドを同時に処理することが可能となる。 動作周波数は9.6GHzに相当する。 また、Sun Fire T1000は低消費電力や冷却力、省スペース性にも優れており、従来の一般的なサーバー機を導入した場合に比べても、いずれの点においてもSun Fire T1000のほうがコスト低減能力が高いとされる。 なお、こういった特性を性能指標として表すものとして、Sun社は「SWaP」(Space, Wattage and Performance)と呼ばれる新たな基準の導入を提唱している。 Sun Fire T1000は、2005年12月6日に、同じくサーバーマシンであるSun Fire T2000とともに発表された。 出荷は2006年3月に開始される見通しとなっている。

用語解説出典   powered by. Weblio

Special PR

CNET Japan

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 運用管理

    最先端のデータサイエンティストでいるための5つのヒント—AIによる高度化でデータの達人であり続ける

  2. ビジネスアプリケーション

    経理部門 554人に聞いた「新しい経理部門の働き方」 その実現に向けた具体的な行動指針を解説

  3. セキュリティ

    パンデミックに乗じたサイバー攻撃に屈しない 最新の脅威分析レポートに見る攻撃パターンと対応策

  4. 運用管理

    DX時代にIBM i は継続利用できるのか? モダナイゼーション実施で考えておくべき5つの視点

  5. セキュリティ

    サイバー攻撃でPCに何が起きている? サイバーディフェンス研究所の名和氏が語るフォレンジックのいま

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]