SuperDisk

用語の解説

SuperDiskとは

(SuperDisk)

 1996年に発売された大容量フロッピーディスクドライブ。

当初は「LS-120」と呼ばれていたが、名称が変更された。 1枚のディスクに120メガバイトのデータを記録できる。 また、従来の3.5インチフロッピーディスクの読み書きもできる。 ドライブの転送レートは479kB/s、平均シーク時間は70msとなっている。 また転送レートが958kB/sの2倍速ドライブも発売されている。

用語解説出典   powered by. IT用語辞典 e-Words

PRSpecial

CNET Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]