SuperOffice

用語の解説

SuperOfficeとは

(スーパーオフィス)
SuperOfficeとは、日本IBMが販売する、オフィス業務系パッケージソフトの名称である。
内容はロータス社製品で、もともと米ロータス・ディベロップメントが開発していたものが、ロータス社が米IBMに買収されたことにより、IBMが開発・販売するようになったものである。 スーパーオフィスを構成するソフト群は、ワープロソフトのWordProや表計算の1-2-3、個人情報管理(Personal Information Manage)ツールのOrganizer、グラフィックソフト兼プレゼンテーションソフトであるFreelanceなどから成る。 数多く用意されたテンプレートやガントチャートが作成可能なプロジェクトスケジュール機能、携帯電話のメモリ編集機能などを備えている。 なお、Microsoft Office製品とは互換性がある。 製品は1994年9月に「スーパーオフィス R3J」として発売され、翌年には同「R4J」が発売、そして1996年1月に発売されたバージョンからは「スーパーオフィス 96」などのように年号の付いたシリーズ名で順次発売されている。

用語解説出典   powered by. Weblio

PRSpecial

CNET Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]