編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

TAO

用語の解説

TAOとは

(TAO)

 CD-Rへの書き込み方法の一つ。

「トラック」という単位でデータを書き込み、一度書き込みを行なった後に追記ができる方式。

 これに対し、ディスク全体に一度にまとめてデータを書き込む方式を「DAO」(ディスクアットワンス)、データをトラックに分割せずにセッション単位で書き込みを行なう方式を「SAO」(セッションアットワンス)という。

 TAOによる書き込みでは、複数のトラックが連なったデータ本体の前後に、記録開始を意味する「リードイン」、記録終了を意味する「リードアウト」という領域を設定する。 リードインからリードアウトまでの一まとまりの領域を「セッション」と呼ぶ。 一つのセッションには最大99個のトラックを記録することができる。

 トラックとトラックの間には「リンクブロック」という継ぎ目ができる。 音楽CDではリンクブロックはノイズ発生の原因となるため、DAOで作成する方が良いとされる。

 1枚のCDに複数のセッションを設定することもでき、複数セッションで構成されるCD-Rをマルチセッション形式と呼ぶ。 古いCD-ROMドライブやオーディオ機器にはマルチセッションに対応していないものがあり、そのような機器では最初のセッションしか読み出すことができない。

用語解説出典   powered by. IT用語辞典 e-Words

Special PR

CNET Japan

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]