TCPラッパー

用語の解説

TCPラッパーとは

(ティーシーピーラッパー,TCP wrapper,)
TCPラッパーとは、UNIX系ホストコンピューター向けのセキュリティソフトで、コンピューターにシステムの一部として常駐し、ネットワークを通じて提供されるサービスを管理し、通信履歴(ログ)を保存するソフトウェアのことである。
プログラム名は「fcpd」となる。 UNIX上で動作するプログラムはTCP/IPというプロトコルを利用してサービスが提供されることになるが、TCPラッパーはこれらのプログラムが外部と交信する際に用いるTCPポートをすべて把握し、通信履歴の保存やアクセスの制御を行なう。 TCPラッパーを使うと、外部からのアクセスを受け付けるポートの指定、その許可する程度などを細かく指定できる。 あるいは、提供するサービスの制限や、通信を受け付けるIPアドレスの制限といったフィルタリングをサービスごとに設定することも可能となる。 TCPラッパーはセキュリティ上の最も基本となるプログラムのひとつであり、インターネットに開かれたサーバーには必須であることが推奨されている。

用語解説出典   powered by. Weblio

PRSpecial

CNET Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]