TD-CDMA

用語の解説

TD-CDMAとは

(TD-CDMA)

 第3世代携帯(3G)の一つで、CDMA2000やW-CDMA(DS-CDMA)などとともに、IMT-2000の一方式として標準化されている。

 TD-CDMAでは、CDMA方式に時分割複信(TDD)技術を加え、上りと下りを時分割で細かく切り替えて通信する。 他の方式では別の周波数帯域を利用する上りと下りのチャネルを一本化し、周波数を有効に使用できる。 また、上下の割り当て時間の比率を変更することにより柔軟に通信速度を変化させ、非対称速度のデータ通信サービスを効率よく提供することができる。

 本来は、NTTドコモなどが採用しているDS-CDMAなどと同じW-CDMA規格の一方式だが、各社がDS-CDMA方式のことを指して「W-CDMA」と呼んでいるため、W-CDMAとは区別して呼ばれるようになっている。 デュプレックス方式の違い以外はほとんどDS-CDMAと共通なため、W-CDMA向けの技術や製品のかなりの部分をそのまま利用可能と言われている。

 W-CDMAやCDMA2000の実用化が先行したため、どの国でもTD-CDMAはほとんど使われていなかったが、TD-CDMA用に割り当てられた周波数を活用するため、遅ればせながら事業者の選定などが行なわれ始めている。

 3G携帯の中国独自規格である「TD-SCDMA」もCDMAとTDDを組み合わせた方式であり、技術的にはTD-CDMAと近い。

用語解説出典   powered by. IT用語辞典 e-Words

PRSpecial

CNET Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]