編集部からのお知らせ
解説:1st ? 2nd ? 3rd ? データ活用での選択
セキュリティの懸念高まる産業用制御機器

TDD

用語の解説

TDDとは

(TDD)

 無線通信などで同時送受信(デュプレックス通信)を実現する方式の一つで、通信経路を時間軸で細かく区分し、送信と受信を高速に切り替える手法。

 携帯電話の基地局と端末の通信などは同時に双方向に行なえなければならないが、同一の周波数で同時に両方向に通信することはできない。 TDDでは短時間に何度も送信と受信を切り替えることにより、擬似的に同時送受信を実現している。

 これに対し、周波数帯域を送信と受信に分割して同時送受信を行なう方式はFDD(Frequency Division Duplex:周波数分割複信)という。 第三世代(3G)携帯電話の規格IMT-2000では、W-CDMAやCDMA2000はFDDを、TD-CDMAやTD-SCDMAはTDDを用いる。

用語解説出典   powered by. IT用語辞典 e-Words

Special PR

CNET Japan

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]