TDP

用語の解説

TDPとは

(TDP)

 設計上想定されるマイクロプロセッサの最大放熱量。

どの回路も休みなく働いている状態でどの程度の熱を発するかを表す、性能指標の一つ。

 近年のプロセッサは性能の向上に伴い発熱量も大きくなり、コンピュータ全体を設計する上で排熱の問題は無視できなくなりつつある。 特にモバイル機器や産業機器の組み込み用途では発熱は重要な問題であるため、プロセッサのTDPはますます重視されるようになっている。

用語解説出典   powered by. IT用語辞典 e-Words

PRSpecial

CNET Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]