編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

TIFF

用語の解説

TIFFとは

(ティフ,)
TIFFとは、MicrosoftとAldus(現在はAdobeによって吸収合併されている)によって開発された画像データのファイル形式のことである。
記録形式の異なる様々なファイルを保存できることを特徴とし、拡張子として「.tif」あるいは「.tiff」が付く。 TIFFファイルでは、画像データの先頭部分に記録形式についての属性情報が記録される。 これに依拠してデータの再生方式が決定されるので、保存の際には解像度や色数、符号化の方式などの形式によらず自由にデータを収めておくことが可能となる。 それと同時に、Windowsで用いられるTIFFファイルをMacintoshで読み込むことができるなど、アプリケーションソフトへの依存度も低減される。 ただし、記録形式のバリエーションがあまりに多いために、互換性を持たない記録形式も含まれることがある。 なおTIFFファイルは、圧縮を伴うか否かによって、圧縮を伴うLZW型と無圧縮型とに分かれる。

用語解説出典   powered by. Weblio

Special PR

CNET Japan

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]