編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

TKIP

用語の解説

TKIPとは

(ティーキップ,)
TKIPとは、Wi-Fiなどの無線LANで利用されている暗号化プロトコルの一種で、パケットごとに暗号鍵を自動生成する方式のプロトコルのことである。
TKIPは、それまで無線LANにおける標準的な暗号化方式だったWEP(Wired Equivalent Privacy)の暗号化プロトコルと同様、RC4と呼ばれるストリーム暗号をベースとしている。 暗号に用いるデータ幅がWEPの24ビットから48ビットへ拡張されており、それぞれのパケットに異なる暗号鍵が自動生成される点を特徴としている。 WEPでは、パケットの暗号鍵は比較的単純なものであったために、暗号が解読されやすいという難点があったが、TKIPではパケットの暗号を解読してデータを盗み見ることがはるかに困難となっている。 TKIPは、無線LANの暗号化方式であるWPA(Wi-Fi Protected Access)の暗号化プロトコルとして採用されており、無線LANのセキュリティ仕様であるIEEE 802.11iなどに搭載されている。 なお、従来のWEPにのみ対応するWi-Fi機器でも、ファームウェアを更新すればWPAを利用できるという利点がある。

用語解説出典   powered by. Weblio

Special PR

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]