TM5400

用語の解説

TM5400とは

(TM5400)

 2000年10月に登場した、Transmeta社のサブノートパソコン向けマイクロプロセッサ。

同社の「Crusoe」シリーズの製品の一つ。 最高動作周波数は700MHzで、128KBの1次キャッシュ、および256KBの2次キャッシュを備える。 命令長は128ビット。 製造プロセスは0.22μm。 DDR SDRAM/SDRAMのインタフェースを持ち、DDR SDRAMは初期搭載メモリ用、SDRAMは追加メモリ用のものとされる。 DVD再生など、負荷の高いアプリケーションを実行しても消費電力が2W以下に抑えられるなど、非常に消費電力が少ないプロセッサとして、特に日本メーカーで採用が進んでいる。

用語解説出典   powered by. IT用語辞典 e-Words

PRSpecial

CNET Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]