TM5800

用語の解説

TM5800とは

(TM5800)

 2001年6月に登場した、Transmeta社の32ビットマイクロプロセッサ。

同社の「Crusoe」シリーズの製品の一つ。 プロセッサコアを0.13μmプロセスに微細化して低電圧化をさらに進めた。 Intel社製マイクロプロセッサ向けに記述されたソフトウェアを独自命令に変換する「コードモーフィングソフトウェア」(Code Morphing Software)はバージョン4.2に更新され、動作速度の向上も行われている。 このほかの特徴はTM5600と同じで、DDR SDRAMに対応し、128KBの1次キャッシュと512KBの2次キャッシュを備えるほか、LongRun機能も搭載される。 動作周波数は700MHz~800MHz。 TM5800の2次キャッシュを半減し、動作周波数を抑えたものがTM5500としてリリースされており、こちらの動作周波数は600MHz~733MHz。

用語解説出典   powered by. IT用語辞典 e-Words

PRSpecial

CNET Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]