編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

TOC

用語の解説

TOCとは

(ティーオーシー,制約理論,制約条件ノ理論,)
TOCとは、生産管理手法の理論の一種で、工程の中でボトルネックになっている部分を全体の生産スケジュールの制約条件として扱う理論のことである。
1970年代後半にイスラエル人物理学者エリヤフ・ゴールドラット(Eliyahu M. Goldratt)博士によって提唱された。 TOC理論では、工程のボトルネックとなっている個所を生産工程全体の「制約の条件」ととらえ、ボトルネックの生産能力に全体の生産ペースを合わせ、同時にボトルネックの個所を重点的に改善しようとする。 TOCは当初生産スケジューリングの手法として用いられてきたが、後に経営理論などへと発展・応用されている。 TOCは、ゴールドラット博士が開発した生産管理用ソフトウェアの「OPT(Optimized Production Technology)」と、1984年に発表された小説のような文体の解説書「The Goal」の刊行によって普及した。 日本でも2005年3月に日本TOC推進協議会が発足し、普及活動を行っている。

用語解説出典   powered by. Weblio

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]