編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

TOUCH WOOD

用語の解説

TOUCH WOODとは

(タッチウッド)
TOUCH WOODとは、NTTドコモが2009年9月に試作機を発表した、国産木材を使用した携帯電話端末の名称である。
TOUCH WOODは、本体の素材に四万十産ヒノキの間伐材を使用している。 オリンパスの三次元圧縮成形加工技術によって、劣化しやすい天然木材に耐久性、耐水性、防虫性、防カビ性を付与し、試作機とはいえ本物の木材からの実機を製作した。 TOUCH WOODが使用しているヒノキの間伐材は、森林育成のための間引きによって発生する余剰な産出物であり、TOUCH WOODの製造は有効利用、自然および林業の活性化を促すことに繋がるという。 また、無塗装の天然木材であるため、香り高く、木目や色合いが端末ごとに異なるという特徴も持っている。 オリジナルデザインのモックアップ TOUCH WOODは、著名な音楽家を中心として結成された森林救済プロジェクト「more trees」、オリンパス、シャープ、そしてNTTドコモの4社により共同開発された。 2009年10月に開催される展示会「CEATEC JAPAN」にも出展される。

用語解説出典   powered by. Weblio

Special PR

CNET Japan

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]