TRUSTe

用語の解説

TRUSTeとは

(TRUSTe)

 個人情報取り扱いに関する認定制度を管理している、米国の非営利団体。

日本国内での認定業務は日本技術者連盟(JEF)が提携組織として請け負っている。

 TRUSTeの定める基準を満たして個人情報を適正に管理していると認定されたWebサイトは「TRUSTeプライバシー・シール」の取得を申請することができる。 TRUSTeは国際的なプライバシー保護組織として知られているため、シールを取得しているということは個人情報管理について世界的に安全性を認められたことだと言える。 シールの有効期間は1年間で、2000以上のWebサイトがシールを取得している。

 2002年、宣伝メールを対象とした「Trusted Sender」と呼ばれる認定制度を新たに発表した。 これはSPAMと信頼できる送信者からのメールとを区別するためのもので、ClickAction社などが支持を表明している。

用語解説出典   powered by. IT用語辞典 e-Words

PRSpecial

CNET Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]