編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit 2020」開催します!
新着記事まとめ:エッジコンピューティング

TSRプログラム

用語の解説

TSRプログラムとは

(TSRプログラム)

 MS-DOSなどシングルタスクOS上で動作する常駐プログラム。

 通常、MS-DOS上のプログラムはプログラムの終了と共に使用していたメモリを開放してしまうが、TSRプログラムは実行後にメモリ上に置かれたままになっていて、特殊なキー操作などによって即座に起動することができる。 起動時にデバイスドライバとして読み込まれる場合が多かった。

 プログラムが動作中に子プロセスとして起動する場合と比べ、あらかじめプログラムがメモリ上に読み込まれていることから、非常に高速に起動することができる。 また、タイマ割り込み機能(定期的な実行する機能)を用いたバックグラウンドでの動作が可能である。

 起動が早い利点を生かしたソフトウェアとしては、かな漢字変換ソフトなどがあり、バックグラウンドで動作する点を生かしたソフトウェアとしてはウイルスチェッカやCD-ROMドライバ、BGM演奏用のMIDI再生ソフトなどがある。

 本来、TSRは「常駐終了」を表す語であるが、メモリ上にプログラムを残したまま(常駐させたまま)終了することからTSRプログラムという名前がついた。

用語解説出典   powered by. IT用語辞典 e-Words

Special PR

CNET Japan

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]