TSV

用語の解説

TSVとは

(TSV)

 データをタブ文字で区切って並べたファイル形式。

主に表計算ソフトやデータベースソフトがデータを保存するときに使う形式だが、カンマ区切り形式(CSV)で保存されたファイルと同様に汎用性が高く、多くの電子手帳やワープロソフトなどでも利用できる。 このため、異なる種類のアプリケーションソフト間のデータ交換に使われることも多い。 実体はテキストファイルであるため、テキストエディタやワープロなどで開いて直接編集することも可能。 カンマ区切り形式(拡張子「.csv」)と違い、タブ区切り形式のファイルには拡張子が規定されていない。

用語解説出典   powered by. IT用語辞典 e-Words

PRSpecial

CNET Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]