Tag RAM

用語の解説

Tag RAMとは

(TagRAM)

 キャッシュに搭載されているデータのメインメモリ上の位置を記憶するRAM。

CPUにキャッシュのアドレス一覧を提供し、キャッシュ上のデータにCPUが高速にアクセスできるようにする。 古いCPUではTag RAMの増設が可能であったり、CPUと同じモジュールに別付けされていたりしたが、最近のCPUではキャッシュともどもコアに統合されている。 このため、現在はユーザがTag RAMについて意識する必要はほとんどなくなっている。

用語解説出典   powered by. IT用語辞典 e-Words

PRSpecial

CNET Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]