Tualatin

用語の解説

Tualatinとは

(Tualatin)

 0.13μmプロセスで製造されたPentium III/-S/-M、およびPentium IIIベースのCeleronのコードネーム。

 Pentium III-S/-Mは全製品がTualatinコアで製造されているほか、Pentium IIIでは1.13A GHz以上、Celeronでは1.2/1.3/1.4GHzの製品がTualatinコアで製造されている(1.5GHz以上のCeleronは0.18μm版Pentium 4で使用されたWillametteコアが予定されている)。

 Pentium III/Celeronでは256KBの2次キャッシュを積載し、Pentium III-S/-Mでは512KBの2次キャッシュを積載しているため、前者を「Tualatin-256K」、後者を「Tualatin-512K」と呼んで区別することもある。

 0.18μm版Pentium III/CeleronであるCoppermineの後継にあたる。 デスクトップ・フルサイズノート向けプロセッサでは、Pentium Pro以来使用されてきたP6コアを使用する最後の製品となる。

 Tualatinの後継はデスクトップ分野では0.18μm版Pentium 4の「Willamette」、フルサイズノート分野では0.13μm版Pentium 4の「Northwood」である。 サブノート分野での後継はP6コアベースの超低消費電力型プロセッサ「Banias」になるといわれている(2003年第2四半期頃リリース予定)。

用語解説出典   powered by. IT用語辞典 e-Words

PRSpecial

CNET Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]