編集部からのお知らせ
ダウンロード公開中「ITが取り組むべきプライバシー」
最新記事まとめ「医療IT」

UCS

用語の解説

UCSとは

(ユーシーエス,)
UCSとは、Unicodeが採用する文字コードセットのひとつで、世界の主要な言語に使用される文字のほとんどを収録する多バイト文字体系のことである。
ISO/IEC 10646として規定されている。 UCSには、1文字を16ビット(2バイト)で表すUCS-2コードと、もしくは31ビット(4バイト)で表すUCS-4とが用意されている。 ただしこれらは、もっぱら文字をどのようなビット列で表現するかを規定するものであり、これらをコンピューター上でどのような方式で符号化(エンコード)するかについて規定するものではない。 ものため、エンコードの方式としてはUTFと呼ばれる方式がUTF-8やUTF-16などとして別途に規定されている。 なお、Unicodeの主要となる大半のコードはUCS-2に収められており、現在はいまだUCS-4がほとんど用いられていない状況にある。

用語解説出典   powered by. Weblio

Special PR

CNET Japan

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]