編集部からのお知らせ
ダウンロード公開中「ITが取り組むべきプライバシー」
最新記事まとめ「医療IT」

UNIX系OS

用語の解説

UNIX系OSとは

(UNIXケイOS)

 1969年にAT&T社のベル研究所(Bell Laboratories)が開発した「UNIX」というOSに似た仕様や操作感を持つOSの総称。

「UNIXクローン」などとも呼ばれる。

 オリジナルのUNIX OSに関する知的財産は現在、SCO Group社(旧Santa Cruz Operations社・Caldera International社)が保有しており、「UNIX」という商標はX/Openという非営利団体が管理している。

 UNIX系のOSは大きく分けて、大手コンピュータメーカーが自社コンピュータ向けに開発している有償の商用UNIXと、世界中の愛好者が協力してボランティアベースで開発しているフリーなUNIXがある。

 また、AT&Tが開発したオリジナルUNIXの流れを汲むものを「System V系」、カリフォルニア大学バークリー校(UCB)で開発されたUNIX系OSの流れを汲むものを「BSD系」などと分類することもある。

 商用UNIXは、企業の大規模システムなどで採用されることが多く、Sun Microsystems社のSolaris(SunOS)、IBM社のAIX、Hewlett-Packard社のhp-uxなどがある。

 フリーなUNIXは、個人がパソコンなどで使うことが多く、世界中の愛好者がインターネットを通じて協力して開発や保守などに当たっている。 LinuxやFreeBSDなどが有名である。

 近年ではフリーなUNIX、特にLinuxが目覚しい発展・普及を遂げて注目を集めている。 大手メーカーも自社OSのサポートと並行して自社コンピュータをLinuxなどに対応させたり、システム構築に採用したり、社員を開発に参加させたりしている。

用語解説出典   powered by. IT用語辞典 e-Words

Special PR

CNET Japan

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AWS、Microsoft、Googleがリード!パブリッククラウドコンテナプラットフォーム市場分析

  2. ビジネスアプリケーション

    ウィズコロナ時代はあと2年は続く?!アフターデジタル時代の4つの重要ポイント

  3. セキュリティ

    2021年のサイバー脅威予測が明らかに─将来の攻撃に企業はいかに備えるべきか

  4. OS

    “テレワークだからこそ”デスクトップPCを利用すべき?!ノートPCにはない魅力の数々に迫る

  5. 運用管理

    7つの視点で解説するデータベース構築・運用ー誰でもわかるSQL Serverストレージガイド

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]