編集部からのお知らせ
ダウンロード公開中「ITが取り組むべきプライバシー」
最新記事まとめ「医療IT」

URN

用語の解説

URNとは

(ユーアールエヌ,)
URNとは、ネットワーク上の存在する文書などのリソースを一意に識別するための識別子のことである。
URI(Uniform Resource Identifier)のサブセットとして、IETFによってRFC 2141で定義されている。 URNは、Webページの場所を示す識別子であるURL(URI)と同様の役割を持つ。 ただし、URIは場所としてのWebページを特定するのに対して、URNは対象となるのリソースそのものを直接に特定するものである。 URNの指定に用いる構文は「urn」で始められ、コロン(:)で区切られる。 例えばIETFのRFC 2141文書は、「urn:ietf:rfc:2141」という構文で指定される。 なお、図書一般に割り当てられているISBN(International Standard Book Number)コードも一種のURNであるといえる。 ISBNを指定する際には、例えば「urn:isbn:0451450523」などと指定する。

用語解説出典   powered by. Weblio

Special PR

CNET Japan

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]