編集部からのお知らせ
ダウンロード公開中「ITが取り組むべきプライバシー」
最新記事まとめ「医療IT」

USB 1.1

用語の解説

USB 1.1とは

(USB1.1)

 パソコン本体と周辺機器などの接続に用いるUSB規格のひとつ。

現在最も広く用いられているUSB規格であり、最も一般的なパソコン-周辺機器間のインターフェースである。

 USBの最初のバージョンであるUSB 1.0は1996年1月に発表され、これを改良したUSB 1.1が1998年9月に発表された。

 USB 1.1は、主に周辺機器における消費電力の仕様など、USB 1.0における仕様書で曖昧だった点を厳密に規定したものである。

 USB 1.1の転送規格はLS(Low Speed)モード(1.5Mbps)、FS(Full Speed)モード(12Mbps)の2種類からなり、各周辺機器はこの2つの転送方式を使い分けることができる。

 あまり高速・大容量の通信を必要としないキーボードやマウス、タブレット、モデムなどはLSモードを使用する。

 大容量の通信を行なうスキャナやプリンタ、ハードディスク、MOドライブなどはFSモードを用いる。

 しかし、ハードディスクや、MOなどのリムーバブルドライブにとっては12Mbpsの転送速度は遅すぎるため、USB 1.1の後継となる規格として、最高480Mbpsの転送速度を誇るUSB 2.0が2000年4月に策定された。

 現在、USB 1.1とUSB 2.0の双方に対応した製品が増えているほか、2002年5月にはUSB 2.0を標準サポートしたチップセットもリリースされ、USB 1.1は第一線の地位から退きつつある。

用語解説出典   powered by. IT用語辞典 e-Words

Special PR

CNET Japan

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]