UTP

用語の解説

UTPとは

(ユーティーピー,非シールドヨリ対線,)
UTPとは、通信ケーブルの一種であるより対線の中でも、シールド加工がなされていないもののことである。
一般家庭や通常のオフィス環境で、Ethernet用の配線に使用されることが多い。 より対線は銅製の心線をより合わせたケーブルで、より合わせによって電流が流れるときに生じる磁気を打ち消すような仕組みになっている。 箔などによって雑音を遮断する加工がシールドと呼ばれるが、このシールド加工を行っていないものがUTPに当たる。 シールド加工が施されていない分、シールド付きより対線よりも安価であるが、あまりノイズの多い環境下では用いることができない。

用語解説出典   powered by. Weblio

CNET Japan

ZDNET Japan クイックポール

マイナンバーカードの利用状況を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]