編集部からのお知らせ
記事まとめ「テレワーク常態化で見えたこと」
新着記事まとめ:経産省のDX本気度とは?

Ultra ATA/100

用語の解説

Ultra ATA/100とは

(UltraATA/100)

 2000年にQuantum社とIntel社が発表した、パソコンとハードディスクなどの記憶装置を接続するIDE(ATA)規格の拡張仕様。

「Ultra DMA/100」とも呼ばれる。 転送速度は最大で100MB/sとUltra ATA(/33)の3倍となっている。 コネクタはUltra ATA/66でも使用されている80ピンのものを用いる。 下位互換性は確保されており、Ultra ATA仕様やEIDE仕様のハードディスクも接続することができる。 ちなみに正式な呼び方は「Ultra DMA Mode 5」で、現在ANSIで審議中のATA-6で正式にATA規格の一部として規格化される予定。

用語解説出典   powered by. IT用語辞典 e-Words

Special PR

CNET Japan

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]