編集部からのお知らせ
記事まとめ「テレワーク常態化で見えたこと」
新着記事まとめ:経産省のDX本気度とは?

Ultra ATA/133

用語の解説

Ultra ATA/133とは

(UltraATA/133)

 Maxtor社が提唱している、ハードディスクなどのATA/ATAPI機器のデータ転送規格。

「Fast Drives」という通称がある。 従来のUltra ATA規格を改良し、最大データ転送速度を133MB/sに高速化する規格で、ケーブルはUltra ATA/66やUltra ATA/100で使用しているものがそのまま利用できる。 ただし、ハードディスクやマザーボード、アダプタ等はUltra ATA/133規格に個別に対応している必要がある。 Ultra ATA/133に対応していない機器が接続されていた場合は、接続している機器すべてが対応できる下位規格で動作するようになっている。

用語解説出典   powered by. IT用語辞典 e-Words

Special PR

CNET Japan

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]