編集部からのお知らせ
記事まとめ「テレワーク常態化で見えたこと」
新着記事まとめ:経産省のDX本気度とは?

UniPhier

用語の解説

UniPhierとは

(ユニフィエ,)
UniPhierとは、松下電器産業株式会社によって提唱された、デジタル家電向けの統合プラットフォームの概念のことである。
2004年9月に発表された。 UniPhierはデジタル家電全般に対応するプラットフォームとして、携帯電話や家庭用AV機器、車載AV、個人向けAVなど、幅広い分野にわたってハードウェア(システムLSI)的・ソフトウェア(OSやミドルウェア)的な資産を相互活用することを特徴とする。 これによって、UniPhierが各製品分野ごとの重複開発を防ぎ、総合的な開発効率を従来の5倍以上に向上させることを実現するとされる。 同時にUniPhierは、実績のあるプラットフォームを用いることによって高い信頼性を保つこともでき、一度作成したソフトウェアを他分野の製品で再利用するといったことも可能にする。 各種機器を融合させた製品の開発の可能性を躍進させることも可能であるとされる。 UniPhierは2005年度上期より製品への搭載が進められ、2006年度中に導入が完了される予定となっている。

用語解説出典   powered by. Weblio

Special PR

CNET Japan

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]