編集部からのお知らせ
New! 記事まとめ「ISMAP-LIU」
話題の記事まとめ「通信障害と社会リスク」

V8 JavaScript Engine

用語の解説

V8 JavaScript Engineとは

(ブイエイトジャバスクリプトエンジン,V8,Google V8,Google V8 JavaScript Engine,)
V8 JavaScript Engineとは、Googleが開発したJavaScriptエンジン(実行プログラム)の名称である。
Googleが開発者向けの技術情報を提供している「Google Code」の案内によれば、V8 JavaScript Engineの主な特徴は次の通りである。 すなわち、V8 JavaScript Engineは、JavaScriptの標準規格であるECMAScript(ECMA-262)に準拠したJavaScriptエンジンである。 C++によって記述されており、スタンドアローンで動作する。 V8 JavaScript Engine自体をC++のライブラリと同様に扱うことが可能で、C++で記述されたアプリケーションに組み込んで動作させることもできる。 V8 JavaScript Engineは、IA-32、もしくは、ARMのアーキテクチャが採用されたCPUを搭載しているWindows XP、Windows Vista、Mac OS X v10.5 Leopard、Linuxに対応している。 V8 JavaScript Engineは、Googleが2008年9月にベータ版で初めて公開したオープンソースのWebブラウザ「Google Chrome」において用いられている。 Google Chromeとともに、V8 JavaScript Engineもオープンソースとして公開されており、Google Codeからソースコードを無償で入手することができる。

用語解説出典   powered by. Weblio

Special PR

CNET Japan

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    【講演資料】Sentinel運用デモ-- ログ収集から脅威の検知・対処まで画面を使って解説します

  2. セキュリティ

    SASEのすべてを1冊で理解、ユースケース、ネットワーキング機能、セキュリティ機能、10の利点

  3. ビジネスアプリケーション

    北海道庁、コロナワクチン接種の予約受付から結果登録まで一気通貫したワークフローを2週間で構築

  4. セキュリティ

    Sentinel運用デモ-- ログ収集から脅威の検知・対処まで画面を使って解説します

  5. セキュリティ

    セキュアなテレワーク推進に欠かせない「ゼロトラスト」、実装で重要な7項目と具体的な対処法

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]