編集部からのお知らせ
HCIの記事をまとめた資料ダウンロード
記事集:クラウドのネットワーク監視

VA音源

用語の解説

VA音源とは

(ブイエーオンゲン,物理モデル音源,物理音源,DSP音源,virtual acoustic synthesis,)
VA音源とは、発音の仕組みをコンピュータ上でシミュレートし、仮想楽器を作り上げて音を合成する音源、もしくは、その仕組みを搭載した音源のことである。
VA音源は、スタンフォード大学にて発明された原理であり、ヤマハがライセンスを取得してシンセサイザーのVLシリーズに搭載したことで広く知られるようになった。 管楽器や弦楽器などの音色に対する表現力が優れているといわれている。 また、VA音源では、実際に存在する楽器の形状や共振などをシミュレートできるだけでなく、存在しない楽器の音色も生み出すことができる。

用語解説出典   powered by. Weblio

Special PR

CNET Japan

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]