編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

VENUS-P

用語の解説

VENUS-Pとは

(ビーナスピー)
VENUS-Pとは、KDD(当時)が提供していた、パケット交換方式によるデータ伝送サービスの名称である。
1982年4月から提供された。 VENUS-Pサービスの利用形態には、KDDと専用回線で接続する「加入契約」と、一般電話回線経由で接続する「第一種利用契約」、あるいはNTTのパケット網であるDDX-PやINS-Pを通じて接続する「第二種利用契約」の3つがあった。 いずれも各地のKDDに直接申し込んで契約するかたちをとる。 1987年2月からは、高速・低価格・パケットの大容量化を実現した、「VENUS-LP」(VENUS-Long Packet)サービスも提供された。

用語解説出典   powered by. Weblio

Special PR

CNET Japan

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]