編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

VISAキャッシュ

用語の解説

VISAキャッシュとは

(VISAキャッシュ)

 ICカード型電子マネーのひとつ。

クレジットカード大手のVISA International社が開発したシステムで、神戸や渋谷で行われた電子マネー実証実験などに採用されている。

 使い切り(ディスポーザル)型のカードと補充可能(リローダブル)型のカードが用意されており、補充可能型にはキャッシュカードやデビットカード、クレジットカードなど他のカードの機能を持たせた多機能型もある。

 使い切り型カードは現行のプリペイドカードと同様のシステムで、カード購入金額を上限に、加盟店の端末で支払いを行なうことができる。

 補充可能型カードは、ATMや店頭に配置された専用の「リロード端末」と呼ばれる端末を使って、銀行などの自分の口座から貨幣価値データを補充することができる。

 貨幣価値の利用方法に関しては「クローズドループ」と呼ばれる方式を採用しており、利用者はカードに引き出した貨幣価値を他社に譲渡することはできず、店舗での支払いにしか使えない。

 他のICカード型電子マネー同様、匿名性や低コストで簡易なシステムなど、現実の通貨に似たメリットを持つが、現金を持ち歩くのと変わらないため、紛失しても貨幣価値は再発行できず、偽造や(落としたカードを使われる)悪用に弱いという欠点がある。

用語解説出典   powered by. IT用語辞典 e-Words

Special PR

CNET Japan

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]