編集部からのお知らせ
「半導体動向」記事まとめ
「リスキリング」に関する記事まとめ

Vodafone live!

用語の解説

Vodafone live!とは

(ボーダフォンライブ,ボーダフォンライブ!,)
Vodafone live!!とは、ボーダフォン(Vodafone)が提供している携帯電話向けインターネット(ブラウザフォン)サービスの総称である。
2002年10月より世界各国のボーダフォン会社が順次提供を開始した。 Vodafone live!!を利用するには、月額基本料金とパケット通信料、および購入した有料サービス・コンテンツごとの利用料金が必要となる。 提供されているサービスは、メール、ウェブ、TVコール、Vodafone live! BB、Vodafone live! FeliCa、Vodafone live! NAVI、Vodafone live! CASTとなっている。 「メール」では、他社の携帯電話やパソコンにも送信できるMMS(マルチメディアメッセージングサービス)と、ボーダフォンの携帯電話同士でEメールアドレスを入力しなくても電話番号でメッセージを送れるSMS(ショートメッセージサービス)の2種類のメールが用意されている。 カメラ付き携帯電話で撮影した画像は「写メール」で送ることができ、「ムービー写メール」で撮影した動画を送信することもできる。 ちなみに「写メール」は、もともとは日本のJフォンにおけるサービスだったものが、世界標準として取り入れられて各国に移植されたものである。 「ウェブ」ではインターネットに接続してWebコンテンツを閲覧することができる。 「TVコール」では、動画と音声を同時に送受信して相手の顔を見ながら会話できる、いわゆるテレビ電話が利用できる。 「Vodafone live! BB」では、パソコンでダウンロードした動画や音楽ファイルをメモリカードに保存してケータイで楽しめる。 「Vodafone live! FeliCa」では電子マネーを扱うことができる。 「Vodafone live! NAVI」ではGPSナビゲーションが用いることができ、また「Vodafone live! CAST」ではデジタル雑誌を深夜時間帯に自動でダウンロードされ、自由に見ることができる。

用語解説出典   powered by. Weblio

Special PR

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 開発

    なぜ、コンテナー技術を使うことで、ビジネスチャンスを逃さないアプリ開発が可能になるのか?

  2. セキュリティ

    2022年、セキュリティトレンドと最新テクノロジーについて、リーダーが知っておくべきこと

  3. ビジネスアプリケーション

    全国1,800人のアンケートから見えてきた、日本企業におけるデータ活用の現実と課題に迫る

  4. 運用管理

    データドリブン企業への変革を支える4要素と「AI・データ活用の民主化」に欠かせないテクノロジー

  5. 経営

    テレワーク化が浮き彫りにしたリソース管理の重要性、JALのPCセットアップを支えたソフトウエア

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]