編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

W-CDMA

用語の解説

W-CDMAとは

(W-CDMA)

 NTTドコモやEricsson社などが開発した第3世代携帯電話(3G)の通信方式。

高速移動時144kbps、歩行時384kbps、静止時2Mbpsのデータ伝送能力があり、動画・音声によるリアルタイムの通信が可能。 CDMA方式を採用し、1つの周波数を複数の利用者で共有できるため、周波数効率がよい。 ITU(国際電気通信連合)が標準化を進めている次世代通信方式IMT-2000の日欧標準案として提案されており、北米案のcdma2000と標準をめぐって争っている。 NTTドコモの第3世代携帯電話「FOMA」はこの方式を採用している。

用語解説出典   powered by. IT用語辞典 e-Words

Special PR

CNET Japan

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]